サンクスギビングって何の日?翌日のブラックフライデーとは?

サンクスギビングって何の日?

ハロウィンが終わり、日本では早速クリスマスの準備が始まりますが、アメリカではその前にもう一つ大事な祝日があります。

それがサンクスギビングデー(感謝祭)です。

日本ではハロウィンやクリスマスほど定着している感じではありませんが、アメリカ人にとってはこの祝日はとても大切なものなのだそうです。

今回はこのサンクスギビングデー(感謝祭)について詳しく見ていきましょう!

Sponsored Link

サンクスギビングデー(感謝祭)とは?2018年はいつ?

サンクスギビングデー(感謝祭)は、アメリカとカナダの祝日のひとつです。

当日には七面鳥を食べる風習もあるため、七面鳥の日(Turkey Day)とも呼ばれています。

アメリカでは11月の第4木曜日カナダでは10月の第2月曜日になっています。

同じ祝日でも国が違うと日付も違うのですね^^

【2018年の日程】

アメリカ : 11月22日(木)
カナダ  : 10月8日(月)

祝日なので学校、職場、政府機関もお休みです。

ちなみにアメリカでは毎年祝日が木曜日になるので、週末へつなげるため金曜日もほとんどの会社がお休みになるようです。

私の周りのアメリカ人 数人に聞いてみたところ金曜日はやはりお休みでした!

しかし休みではない会社も、実際に聞いた中で1社あったので(!)全てに当てはまるということではないようですね^^;

当日の過ごし方

家族団らん【写真】

現在のサンクスギビングデーでは、宗教的な意味合いはかなり薄くなっているようで、ほとんどのアメリカ人は家族や親戚、または友人と集まって皆でごちそうを食べて、お家でゆっくり過ごすというのが定番の過ごし方のようです。

1年の中でもこの日は大切な家族行事であるので、日本で考えるとちょうどお正月のようですね!

また日本のお正月の帰省ラッシュ同様、サンクスギビングデー前後は交通機関や主要道路などはかなりの大渋滞🚙

1年のうちに数回やってくるという大変混雑している時期です。
(日本でいうお盆やゴールデンウィークの帰省ラッシュのようです)

逆に当日はほとんどのお店が休業している為、街や交通機関などは閑散としています。

このことから、サンクスギビングデーは家族で過ごす大切な日だと言えますね^^

起源は?

感謝祭の起源には色々な説がありますが、一番語り継がれている説が1620年にまで遡ったものです。

1620年に、イギリスからピグリム(巡礼者)がアメリカへ到着し移住を始めました。

その年の冬は大変厳しいもので、寒さと飢えから多数の移住者たちが命を落としてしまいました。

その時に彼らを助けてくれたのがワンパノアグ族と呼ばれるアメリカの先住民たちでした。

ワンパノアグ族はピグリムにトウモロコシなどの種を分け与え、更に農業の技術等を教えました。

そのおかげで翌年の秋は大収穫することができたので、ピグリムたちはワンパノアグ族を招待し、神様の恵みに感謝し皆で一緒にお祝いをし ご馳走をふるまったのが始まりとされています。

しかし、この物語は作り話だという説もあります。

特にネイティブアメリカンの間では、この日を境に”先祖たちの土地が移民たちによって奪われた、悲しい歴史の始まりの日”としており、祈りを捧げる日でもあるようです。

Sponsored Link




どんな料理を食べるの?

感謝祭料理
《メインディッシュ》
✾スタッフィングをした七面鳥の丸焼き (グレービーソース&クランベリーソース添え)

《副菜》
✾マッシュポテト(グレービーソース)
✾サツマイモ料理(ヤム)
✾グリーンビーンズ(さやいんげん)のキャセロール
✾コーン

《デザート》
✾パンプキンパイやアップルパイ、スイートポテトマシュマロなど

家庭によっても違ってくるかと思いますが、定番メニューとしてはこのようなものが挙げられます。

七面鳥はパサパサしているのでグレービーソースやクランベリーソースは必須!

(ちなみに、サンクスギビングの時には毎年 推定5000万羽の七面鳥が消費されるそうです…!)

皆で食事をしたり家族団らんを楽しみ、食後はテレビでアメリカンフットボール鑑賞を楽しみます。

アメフトは国民的スポーツのため、サンクスギビングの日には特別に追加で試合が行われるほど人気があります📺

食事の時間帯については、特に決まりはなく各家庭によって時間も異なります。

翌日のブラックフライデーとは?

ブラックフライデーとはサンクスギビングの翌日、毎年第4金曜日に行われる大規模なセールです。

アメリカでは、感謝祭の翌日にあたるため、このセールを求めて買い物客が殺到します。

ブラックフライデーは祝日ではないのですが、感謝祭の翌日ということで、ほとんどの会社がお休みになっています。

ブラックフライデーってなんだか暗くて怖い金曜日という感じが個人的にしますが(笑)

日本語では”黒字の金曜日”ということで、1年で最も売り上げが見込める日なんですね^^

ブラックフライデーに関して、面白い動画がありました。

これは危ない…

個人的にはここまでしてお店に行かなくてもいいかなー。。と思ってしまいました^^;

欲しいものを絶対にゲットしたい為、前日から並ぶ人もいるそうです…!(※電化製品など)

おわりに  (※追記あり)

いかがでしたでしょうか。

北米では、年末に向けてハロウィンサンクスギビングクリスマスと毎月ビッグイベントがあり面白いですよね♪

ちなみに我が家は今年、サンクスギビングのホストをすることになりました。

皆からの要望により、”ジャパニーズフードが食べたい” ということでサンクスギビングデーに日本食を作るという異例の事態になっています(笑)

今週末やイベント前日は買い出しに繰り出すことになりそうです^^

~追記~

11月22日、ホストを務めた我が家。今年のサンクスギビングを無事に終えることが出来ました。
今年は日本食ということで、

・お好み焼き
・照り焼きビーフ
・エビチャーハン
・から揚げ2種
・刺身盛り合わせ
・いなり寿司
・味噌汁
・ポテトサラダ
・きんぴらごぼう
・たくあん
・大根のあま酢漬け

上記のメニューを、お昼過ぎ頃からのんびりと作り始めました。

皆が集まったのは夕方17時半頃。
十分時間もあり、途中で皆とアメリカンフットボールを見たりする余裕もありました。
集まりがお昼からではなくて本当に助かりました^^;

食事は私が作ったものに、あとはそれぞれゲストが持ち寄ってくれたこともあり、最終的にブッフェ並みの品揃えに。
入りきれずキッチンのカウンターバーと、もう一つテーブルを出し、そこへ並べました。

サンクスギビングディナー

お好み焼きに、たくあんやいなりを初めて食べる人もいて、”これはなんだ?”と不思議そうに食べている姿が印象的でした(笑)

翌日は、ブラックフライデーということでモールへお買い物👜
朝から出かけた為 そんなに込み合うこともなく、レジで5-10分並ぶ程度で済みました。

しかし、やはりお昼頃になると人がどんどん増えてきます。
回避するため込み合う前には家に帰ることにしました^^;

私は服を見に行ったのですが、ほとんどのお店が40-50%オフという天国💓
服やコスメや靴やら大量に購入してしまいました。

ブラックフライデー

アメリカでは、サンクスギビングデーやブラックフライデー、そのあとの週末はホリデームード全開でした^^

サンクスギビングは日本ではあまり馴染みのないイベントですが、今後もっと日本にも浸透してくれると楽しいですよね♪

この記事を最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アメリカ⇔日本での国際恋愛を3年半経験し、約10ヵ月かけてK1ビザを取得→アメリカで結婚。現在に至る。 趣味は旅行、自然の写真を撮ること、料理、ヨガ、シュノーケリング。 また、建築物には特に興味があり子供の頃からカタログなどで家の設計図を何時間も眺めるような子供でした。そのため、アメリカに来てモデルホーム巡りをすることにもハマっています。異文化の中で色んなことを学んだり、綺麗な自然も大好きです。